設備更新に活用できる補助金 | 一般社団法人 日本空調設備協会

TOP > 補助金・助成金 > 設備更新に活用できる補助金

設備更新に活用できる補助金

補助事業(補助金)の概要

経済産業省・環境省・国土交通省は、既設のボイラ設備、空調設備、照明設備、給湯器、厨房内の冷凍冷蔵庫などを省エネルギー効果やCO2削減率が高い機器に更新する工事に対し、対象経費を補助する事業を公募しています。

補助事業(補助金)の目的

地球環境問題への対応の必要性が急速に高まっている状況の中、日本は、2020年までに温室効果ガス(CO2)を2005年度比で3.8%削減する目標を掲げました。
我が国は、設備投資の推進やエネルギー管理の適正化等により、世界の中で最も高い省エネルギー水準を達成しております。昨今の電力供給不足への対策等の視点から、エネルギー管理の強化や省エネルギーに伴う設備の導入等による更なる省エネルギー推進が必要となってきています。
これらの補助事業は、かかる状況を踏まえ、事業者(申請者)が計画した省エネルギーへの取組みのうち 「技術の先端性」「省エネルギー効果」「費用対効果」を踏まえて政策的意義の高いものと認められる設備導入費について支援することを目的としています。

公募事業名(平成26年度の例)

  • エネルギー使用合理化等事業者支援補助金   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  190億円
  • 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金   ・ ・ ・  30億円
    (既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業)
  • 再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金   ・ ・ ・ ・ ・ ・  6億円
  • CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業     ・ ・ ・ ・ ・ ・  44億円

対象機器

エアコン(空調機)・LED照明・給湯機器・ボイラ設備・冷凍冷蔵庫・プレハブ冷凍冷蔵庫 他